内藤大助選手は真のチャンピオンになれ。 

JBCはWBC世界フライ級タイトルマッチで反則を連発した亀田大毅に1年間のボクシング出場停止処分を下した。亀田大毅は内藤大助選手に謝罪し、和解が成立した。内藤選手はこの問題にいつまでも関わっていられない。次のタイトル防衛戦は元チャンピオンのポンサクレック(タイ)と行う予定である。次戦を勝ってこそ真のチャンピオンになれる。内藤選手はスポーツマンシップに富んだ好印象の選手で、是非、チャンピオンの座を防衛して頂たい。今後、切磋琢磨して、試合に望んでほしい。WBC世界フライ級チャンピオン内藤大助 がんばれ!多くの国民が応援します。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック