温室効果ガス、露から排出量枠獲得へ

  日露両政府は、9日、温室効果ガスの排出量取引について、日本がロシアから排出量を獲得するための政府間協議を開始することで基本合意に達した。今月末に東京で初会合を開く。日本は今年から、温室効果ガス削減に向けた「」の義務達成のため、排出枠に余裕のある国から排出量を購入する必要に迫られている。ロシアからの大規模に排出量を獲得できれば、2012年までの義務達成に向け、初めての本格的な後押しとなる。







この記事へのコメント

かるがも
2008年02月25日 10:19
地球温暖化の防止は今年の夏、日本で行われる道爺湖サミットの重要課題の一つである。今のまま、なにもしなければ100年後には、地球の気温が1.4~5.8上昇すると予想されている。地球の温暖化の影響は、異常気象による豪雨や干ばつ、食糧生産の減少、砂漠化、生態系の変化、北極の氷山が解けることによる海面の上昇、海流の流れの変化など地球に大きな影響を与えている。我々は次世代に環境の負の遺産を残してはいけない。その為にも、政府は真剣に地球温暖化防止対策に力を入れてほしい。

この記事へのトラックバック