内藤2度目の防衛 33歳、冷静引き分け

 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ12回戦(8日・両国国技館)、チャンピオンの内藤大助(33)は、同級1位で前王者のポサクレック・ウォンジョンカム(30)(タイ)と3者3様の判定で引き分け、2度目の防衛に成功した。内藤は序盤ペースを握られたが、中盤盛り返し、ドローに持ち込んだ。内藤は自身の持つ日本人最年長防衛記録を更新。日本のジムに所属する世界王者は5人である。








</strong>

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック