内藤VS興毅、 大みそかに実現?

今後の世界フライ級戦線は、内藤、WBA王者の坂田健史、亀田興毅(ともに協栄)を軸に、日本人がしのぎを削る展開になりそうだ。内藤陣営の宮田会長は夏に予定している3度目の防衛戦を日本人と行うと明言。WBCで世界挑戦資格(15位以内)を持っているのは3位の亀田、14位の長縄正春(岐阜ヨコゼキ)、15位の久高寛之(グリーンツダ)の3人。






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック