野村への発注見合わせ、 インサイダー事件 投信大手や生保

野村証券の元社員らによるインサイダー取引事件で、投信会社大手の大和証券投資信託委託や三井住友アセットマネジメントが、野村証券に対して株式や債券の売買発注を見合わせていることが、23日明らかになった。両社は発注再開の時期については「今後の改善策や、社内調査の結果などを見て判断する」と慎重な姿勢を示している。一方、朝日生命保険も23日、野村証券に委託している株式などの売買取引を、当面見合わせる意向を明らかにした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック