インドネシアOPEC脱退、要件満たさず年内で

 インドネシアのプルノモ・エネルギー・鉱物相は28日、同国が今年12月末で石油輸出国機構(OPEC)から脱出することを明らかにした。ジャカルタ外国特派員クラブで記者団の質問に答えた。インドネシアは産油国だが、2004年に原油の輸入量が輸出量を上回る純輸入国に転じ、OPECの加盟条件を満たせない状況が続いていた。プルモネ・エネルギー相は「純輸出国に戻れば、再加盟できる」と述べ、脱退は一時的であることを強調した。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック