内藤、坂田が7月にダブル防衛戦

 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級チャンピオンの内藤大助(宮田)と同級の世界ボクシング協会(WBA)チャンピオン、坂田健史(協栄)とのダブルタイトルマッチが7月30日に東京・国立代々木競技場で行われることが29日、確実となった。所属ジムの関係者が明らかにした。内藤は同級日本王者の清水智信(金子)と3度目の防衛戦を行い、4度目の防衛戦となる坂田の対戦相手は、日高寛之(仲里ATSUMI)になる見通し。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック