温室効果ガス、 「先進国が削減主導を」

 神戸市で開かれたG8(主要8か国)環境相会合は26日、議長の鴨下環境相が、温室効果ガスの排出を「世界全体で2050年までに半減する」という長期目標について、7月の北海道道爺湖サミットで合意するよう求めることを盛り込んだ議長総括を発表し、閉幕した。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック