NY原油 120ドル突破

 5日のニューヨーク商業取引所の原油先物相場は、原油の安定供給への不安感が強まり、国際的な指標となるテキサス産軽質油(WTI)の6月渡し価格が一時、先週末3.89ドル高の1バーレル=120.21ドルまで上昇し、初めて1バーレル=120ドル台をつけた。これまでの最高値は4月27日の119.93ドル。産油国ナイジェリアで石油施設が爆破されたと伝えている。原油価格は年明けに初めて1バーレル=100ドルを突破してから約4か月で約20%上昇したことになる。






 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「NY原油 120ドル突破」について

    Excerpt: 「NY原油 120ドル突破」について 原油の高騰は世界的なインフレを招く。開発途上国など国民の収入の少ない国の経済に大きな影響を与える。低所得の人たちはますます生活が苦しくなる。このまま原油が高騰すれ.. Weblog: 世相瓦版浪速・天王寺の鶯の声・蝉の声  racked: 2008-05-09 10:35