トリプル世界戦 9月15日に開催、 名城 返り咲きを狙う

 ボクシングのトリプル世界戦が9月15日、パシフィック横浜で行われることが30日、発表された。世界ボクシング協会(WBA)ミニマム級王者の新井田豊(横浜光)は、1位ローマン・ゴンザレス(ニカラグア)と8度目の防衛戦。WBAスーパーフライ級は、元王者で1位の名城信夫(六島)と3位の河野公平(ワタナベ)が王座決定戦、世界ボクシング評議会(WBC)スーパーバンタム級は、2位の西岡利晃(帝拳)が3位のナパポーン・キャッテサクチョーチョイ(タイ)と暫定王座決定戦を行う。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック