テーマ:金融

持ち株会社社長に服部氏、 池田・泉州銀行

2009年4月の経営統合を目指す池田銀行(大阪府池田市)と泉州銀行(同府岸和田市)は、統合に伴い設立する持ち株会社の社長に、服部隆盛・池田銀行頭取(65)、代表権のある会長に、吉田憲正・泉州銀行頭取(64)を充てる人事を固めた。新会社の概要を含めて30日午後に発表する。持ち株会社の本社は、池田銀の「大阪梅田池銀ビル」(大阪市)とし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海外先物に参入規制、経産・農水省方針 業者の登録制導入  

  経済産業省と農林水産省は27日、海外商品先物取引の業者規制を導入する方針を固めた。産業構造審議会商品取引所分科会に小委員会を設置し、参入規制のない海外商品先物取引業者に対して登録制のような規制を導入することや消費者の資産保全策などを4月から検討する。6月上旬に結論をまとめ、関連法の改正などにつなげる。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

サブプライム損失120兆円、 ゴールドマン推計報告 

 米大手証券ゴールドマン・サックスはサブプライムローン問題を背景とした金融市場の混乱で、世界の金融機関や投資ファンドなどの損失が1兆2000億ドル(120兆円)に達する可能性があるとの報告をまとめた。このうち、米国の損失は、約4割に相当する約4600億ドルにのぼるという。米メディアが25日、一斉に報じた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レイク売却 24日入札 アコム、プロミス参加へ

米ゼネラル・エレクトリック(GE)が、傘下の消費者金融ブランド「レイク」の売却に向けた入札を24日に行うことがわかった。消費者金融大手のアコムやプロミスに加え、グループで消費者金融事業を展開する新生銀行など数社が参加すると見られている。最終的に売却先が決まるのは4月以降になる見通しだ。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

米住宅ローン債権買い取り枠拡大

  米住宅企業監督局は19日、政府系住宅公社による住宅ローン債権の買い取り枠を最大2000億ドル(約20兆円)拡大すると発表した。対象は、連邦住宅抵当公庫(ファニーメイ)と連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)の2社。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「船長を失った」 WSJ紙電子版

米ウォール・ストリート・ジャーナル紙(電子版)は19日、日銀総裁が空席になったことについて、「世界的に金融危機が深刻化する中で、世界第2の経済大国の中央銀行が『船長』を失った」と批判的に報じた。さらに、「このような重要ポストを埋められなかったのは、日本がふたたび停滞期に入ってるサインだ」と論じている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

円高株安加速、FX取引の損失拡大 企業含み益31兆円減

17日の東京外国為替市場で円相場が一時、1ドル=95円台まで上昇するなど、急激な円高は個人投資家にも影響を与えている。少ない元手で多額の外貨を売買する外国為替証拠金取引(FX取引)では、将来の円安を予想して円を売り、ドル資産を持っていた投資家が損失を抱えるケースが相次いでいる。円安を見込んで増えていた外資預金でも損失が予想され、投資…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サブプライム損失78兆円、 IMF試算

  国際通貨基金(IMF)は、低所得者向け住宅融資「サブプライムローン」問題の損失が銀行のほか、保険会社やヘッジファンドを含めて世界全体で800億ドル(約78兆円)に拡大するとの試算をまとめた。IMF幹部がブラジルでの会議で明らかにしたとロイター通信が17日に報じた。
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「今しかない」と個人投資家が動く、円高で外貨預金急増

  円相場が1ドル96円にまで急上昇する中で、外貨預金に投資マネーがジャブジャブ流れ込んでいる。100円突破した段階で、「今しかない」と個人投資家が動きだしたようで、この外貨シフトはやみそうにない。大手銀行でもオペレーションが追い付かないほどの動きだ。インターネット専業のソニー銀行では「アクセスが増え、システム部が厳戒態勢を敷いている」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NY原油・金最高値更新

  16日のニューヨーク商業取引所の原油先物相場で、国際的な指標となるテキサス産軽質油(WTI)の4月渡し価格は、通常取引前の時間外で一時、1バーレル=111.42ドルまで上昇し、最高値を更新した。これまでの最高値は、3月13日に付けた111ドルちょうどだった。一方、金先物相場も上昇し、取引の中心となる4月渡し価格は、通常取引の時間外で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新銀行東京 累積損1260億円 経常収益の5倍、4割が営業経費

新銀行東京(東京都千代田区)が経営不振に陥っている問題で、同銀行は、2004年4月の会社設立から07年度末までの経常収益が計260億円となるのに対し、累積損失は1260億円と5倍近くに上ることが明らかになった。累積損失の4割近くは物件日や人件費などの営業経費(500億円)で、高い経費が経営を圧迫してきた実態が裏付けられた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関西の地方銀行、新たな再編も 日銀大阪支店長

日銀大阪支店の鮫島正大支店長は12日の定例記者会見で、池田銀行、泉州銀行の経営統合を契機に関西の地方銀行の再編が進む可能性があることについて「規模の利益を追求し、システム投資や経営管理コストの効率化を図る上で、統合・合併は当然、選択肢の一つとなる」と述べ、さらなる再編がありうるとの認識を示した。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

円高止まらん、 1ドル=101円台前半

11日の東京外国為替市場で円相場は一時、1ドル=101円台前半を付け、7日のニューヨーク市場で一時記録した直近の高値101円40餞に迫った。米国での追加利下げ観測を背景にドル売り円買いが進んだ前日の海外市場の流れを引き継いだ。東京市場では1999年11月以来、約8年3か月ぶりの高値水準。さらなる円高進行は、輸出企業を中心として経営者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金、1000ドル乗せ目前での需要失速

金価格が年明けから騰勢を強め、ロンドン渡しの現物は1980年1月につけた1トロオンス850ドルの過去最高値を更新した。900ドルもあっさり超え、一時は1000ドル乗せも時間の問題といわれた。だが高騰の反動で宝飾品などの需要が冷え込んでいることが浮き彫りになった。金の調査機関ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)のまとめによると20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新銀行東京、 融資後破たん600件

  東京都が1000億円を出資して設立した新銀行東京(千代田区)で、貸付後に経営破たんした企業への融資は昨年12月末現在で600件に上り、計86億円が焦げ付いていることが6日、新銀行による都議会への説明でわかった。返済が6か月以上滞っている融資は1100件、総額132億円であることも判明した。 </str…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ETF20本承認 東証、計34本に

東京証券取引所は5日、上場投資信託(ETF)の上場を1度に20本承認したと発表した。EFTはこれで34本になる。異例の大量上場で、業種を絞った投資や分散投資をより便利にして、個人投資家を証券市場に呼び込む狙いだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三井住友系3カード統合、今秋にも持ち株会社設立 

  三井住友フィナンシャルグループ(FG)が系列のオーエムシー(OMC)カード、セントラルファイナンス、クオークのクレジットカード、信販会社3社を統合することが28日、明らかになった。2008年秋をめどに個人金融事業を統括する持ち株会社を設立して3社を傘下に収め、09年春にこの3社を合併させる。3社と三井住友FGの首脳らが29日夕、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日証金に改善命令

  12月14日、証券金融最大手「日本証券金融」(東京都中央区)が、株の信用取引を行う際に投資家が株を借りた相手にに支払う「品貸料」を不当に吊り上げていた問題で、金融庁は、旧証券取引法(現金融商品取引法)に基づき、同社に業務改善命令をだした。同庁 では、不当な価格調整の結果、1.5倍から数倍の品貸料 を支払わされていたとみている。日証金…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more