テーマ:大阪府

大阪府、 大阪市から水道水購入 橋下知事きょう提案、 1日水量の半分

 大阪府の橋下徹知事は、大阪市から1日70万~80万トンの水道水を購入し、府内の市町村に供給する計画案をまとめた。20日に開かれる平松邦夫市長とのトップ会談で提案する。実現すれば、府の1日平均給水量(154万トン)の半分程度を占めるようになり、府市の水道事業の統合に向けて大きく前進する。橋下知事は、浄水場の廃止などによる府市の財政削減効…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

橋下知事、 初の団交

  大阪府の橋下徹知事は2日、一般職の給与4~16%、退職金5%カットを柱とする総額352億円の人件費削減案を巡り、職員組合の一つである府労働組合連合会(府労連、約1万8000人)との団体交渉に臨んだ。歴代の知事が、労使交渉の場で一般の組合員の訴えを聞くのは初めて。職員からは「生活が立ちゆかない」などの声が続出。橋下知事は「厳しい案とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

橋下PT新事業は36、控え目23億7000万円

  大阪府の橋下徹知事の公約実現に向け、知事直轄の重要政策プロジェクトチーム(PT)が立案した重点事業の概要が明かになった。知事にとって初の独自事業だが、大幅な削減を進めているだけに、」国際交流や医療、教育分野などの36事業計23億7000万円にとどまり、<橋下カラー>は抑え気味となった。知事査定を経て、5日発表の「大阪維新プログラム」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太田前知事後援会解散へ、 選挙資金9000万円寄付

  今年2月に退任した太田房江・前大阪府知事の後援会「21世紀大阪がんばろう会」が、解散する方針をきめた。21日の総会で正式決定する。3選出馬を当て込んで集めた約9000万円の選挙資金が残るが、太田氏が現職時代に力を入れた環境問題や女性政策に役立てる形で全額寄付する。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more