テーマ:政治

温室効果ガス G8、半減に率先努力 サミットあす開幕、 首脳宣言明記へ

     北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)は7日、「ザ、ウィンザーホテル洞爺」で開幕する。G8(主要8か国)と招待国を合わせ、史上最大規模の計22か国の首脳が出席し、①環境・気候変動②開発・アフリカ③世界経済④政治・核不拡散・地域情勢ーーーについて、9日まで議論を行う。これまでの調整で、最大の議題である温室効果ガス削減の長期目標の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪府、 大阪市から水道水購入 橋下知事きょう提案、 1日水量の半分

 大阪府の橋下徹知事は、大阪市から1日70万~80万トンの水道水を購入し、府内の市町村に供給する計画案をまとめた。20日に開かれる平松邦夫市長とのトップ会談で提案する。実現すれば、府の1日平均給水量(154万トン)の半分程度を占めるようになり、府市の水道事業の統合に向けて大きく前進する。橋下知事は、浄水場の廃止などによる府市の財政削減効…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

温暖化対策懇、「広く国民に負担を」

政府の「地球温暖化問題に関する懇談会」(奥田座長)が16日に福田首相に提出する提言案の内容が、13日明らかになった。温室効果ガス排出を抑制する低炭素社会への移行に関し、「新たなコストは、産業界のみが負担するのではなく、広く国民レベルでも応分の負担をする制度設計が考慮されるべきだ」と指摘、地球温暖化対策に伴う社会的コストの国民負担を強…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

首相の問責 参院が初可決、 首相解散せず 民主審議拒否

民主、社民、国民新3党が参院に共同提出した福田首相に対する問責決議案は11日夕の参院本会議で、野党の賛成多数で可決された。参院での首相問責決議の可決は初めて。決議に法的拘束力はなく、首相は同日、野党が求める内閣総辞職や衆院解散・総選挙には応じない考えを表明した。自民、公明両党は、野党に対抗し、衆院に内閣信任決議案を提出した。12日の衆院…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

公務員法成立、「内閣人事局」新設へ

国家公務員の幹部人事の一元管理導入などを柱とした国家公務員制度改革基本法は、6日午前の参院本会議で、自民、民主、公明の3党などの賛成多数で可決、成立した。官僚主導や縦割り行政の是正など「霞が関改革」の実現が目的で、政府は1か月以内に福田首相を本部長とする「国家公務員制度改革推進本部」を設置し、改革の具体化に取り組む。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

橋下PT新事業は36、控え目23億7000万円

  大阪府の橋下徹知事の公約実現に向け、知事直轄の重要政策プロジェクトチーム(PT)が立案した重点事業の概要が明かになった。知事にとって初の独自事業だが、大幅な削減を進めているだけに、」国際交流や医療、教育分野などの36事業計23億7000万円にとどまり、<橋下カラー>は抑え気味となった。知事査定を経て、5日発表の「大阪維新プログラム」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元公明党委員長、創価学会を提訴=「言論活動を妨害」-東京地裁

  評論家として活動をやめるよう強要されたなどとして、元公明委員長の矢野純也氏(76)が12日、創価学会と幹部7人を相手取り、慰謝料など5500万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。訴状などによると、矢野氏氏は2005年5月、創価学会の施設内で複数の幹部に囲まれ、政界引退後に続けていた評論活動の中止を要求された。翌6月には多額…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

太田前知事後援会解散へ、 選挙資金9000万円寄付

  今年2月に退任した太田房江・前大阪府知事の後援会「21世紀大阪がんばろう会」が、解散する方針をきめた。21日の総会で正式決定する。3選出馬を当て込んで集めた約9000万円の選挙資金が残るが、太田氏が現職時代に力を入れた環境問題や女性政策に役立てる形で全額寄付する。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道路財源法 再可決、成立

  ガソリン税収を今後10年間、道路特定財源に充てる改正道路整備費財源特例法は13日午後の衆院本会議で、憲法59条の規定のに基づき、衆院の3分の2以上の賛成で再可決、成立した。衆院本会議に先立ち、政府は同日午前の閣議で、同法の規定にかかわらず道路特定財源を廃止して2009年度から一般財源化する方針を決定した。今後、政府・与党は一般財源後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パンダの復活うれしいけど、「費用高い」戸惑いも

  先月30日にリンリンが死んだばかりの東京・上野動物園に、またジャイアントパンダがやって来ることになった。7日の首脳会談で、胡錦濤・中国国家主席が研究目的でつがいの2頭を貸し出すことを福田首相に確約。関係者は歓迎する一方、「借り受け費用が高くなるのは困る」との戸惑いの声も上がる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衆院補選 民主が勝利 山口2区 自民、高齢者医療響く

 福田政権初の国政選挙となった衆院山口2区補欠選挙は27日投開票され、民主党前衆議院議員・平岡秀雄氏(54)(社民党推薦)が、自民党新人の前内閣官房地域活性化統合事務局長・山本繁太郎(59)(公明党推薦)を破り、4回目の当選を果たした。投票率は69.00%で、前回衆院線の72.45%より3.45ポイント下がった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

G8に提言へ NGO国際会議 

  北海道道爺湖サミット(7月7~9日)を前に、世界各国のNGO代表が環境や貧困、平和などをテーマに話しあい、主要8か国(G8)への提言をまとめる国際会議「CivilG8対話」が23日、京都市左京区の市国際交流会館で始まった。24日にはNGO代表らがG8首脳の個人代表(シェルパ)と意見交換する。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プーチン氏与党党首に、 影響力維持へ議会掌握

ロシアのプーチン大統領は15日、与党「統一ロシア」の大会に出席し、党員による党首就任の要請を受諾した。5月の大統領退任後に就任する。プーチン氏はメドベージェフ次期大統領の下で首相を務め国家の中枢に残ることが決まっており、議会の最大会派を基盤として大統領に比肩できる影響力を握ることになる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ダライ・ラマ 「妨害自制を」 成田で会見」について

「ダライ・ラマ 「妨害自制を」 成田で会見」について  チベット問題は世界的に大きな人権問題になっている。中国は8月に国際オリンピックを開催するが、この大会を清々粛々と行うためにも世界を回る聖火リレーを予定どおりのスケジュールで事故なく行う必要がある。中国はイギリスやアメリカなどで抗議行動が起こり、苦しい立場に追い込まれている。国際オリ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ダライ・ラマ 「妨害自制を」 成田で会見

  訪米途中で日本に立ち寄ったチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世は10日、成田空港近くのホテルで記者会見し、ロンドンなどで北京五輪の聖火リレー通過地で、中国政府への抗議行動により混乱が続いたことに触れ、「自分たちの心情を表現することはかまわないが、暴力は絶対にいけない」と述べ、過激な妨害行為の自制を求めた。 …
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

「平成の大合併」市町村、 公共料金未統一 3割

  「平成の大合併」による再編で誕生した567市町村(3月末現在)のうち少なくとも3割に当たる164市町村で、合併前の旧市町村ごとに異なっていた公共料金を一律化できていないことが、読売新聞の調査でわかった。2008年度中に一律化を予定するのは39市町にとどまっている。合併協議の決裂材料になりかねないとして解決を先延ばしにした結果、大合併…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ガソリン値下げ、 民主「1か月」の高揚感 一般財源化提案も拒否」について

「ガソリン値下げ、 民主「1か月」の高揚感 一般財源化提案も拒否」について 民主党も政権を取るために色々と手を打っていることは理解できる。ただし、政争を国民生活の混乱に結びつけてはいけない。ガソリンが安くなれば、消費者は喜ぶ。一方で、国や地方自治体は税収が減少する。メリットとデメリットがある。これも福田内閣の無能さの表れである。年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つなぎ法案午後成立、 税減免2か月延長

  ガソリン税などの暫定税率が期限切れとなる31日、衆院は正午からの本会議で、道路関係を除く租税特別措置の期限を5月末まで2か月延長する法案(つなぎ法案)を自民、公明、民主各党などの賛成多数で可決した。法案は参院本会議でも同日中に可決、成立した。つなぎ法案は、租税特別措置法改正案と地方税法改正案の2本からなる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガソリン値下げ、 民主「1か月」の高揚感 一般財源化提案も拒否

ガソリン税の暫定税率の期限きれが目前に迫り、民主党執行部内には高揚感が漂っている。しかし、ガソリンの値下げが続くのは、与党が税制関連法案を衆院で再可決するまでの約1か月とみられている。さらに、民主党の看板政策とも言える道路特定財源の一般化を明言した福田首相の提案を拒否する「抵抗政党」ぶりに、党内から不満の声も出て家う。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

道爺湖サミット参加23か国発表

  政府18日、7月の北海道道爺湖サミット(主要国首脳会議)で、気候変動、アフリカ開発をテーマに開く「拡大対話」に招待する国を正式に発表した。正式メンバーである日米英仏加伊独露の8か国(G8)と欧州連合(EU)委員長以外に、初日7月7日の「アフリカ開発」会合はナイジェリア、アルジェリア、タンザニア、セネガル、ガーナ、エチオピア、エジプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自民、白熱の「ブログ対決」

自民党が運営する若者向けのホームページ「Site(サイト)B」での「ブログ対決」が白熱している。ブログ対決は、同党国会議員5人のブログを紹介し、サイトをお訪れた人が気にいったものを投票する趣向だ。投票総数は、第1回が約1800票、第2回が約6800票と低調だったが、20日に投票が締め切られる第3回は17日現在で50万票を超えた。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

サミット23か国参加、 過去最多 ポスト京都など協議

 7月に開かれる北海道道爺湖サミット(主要国首脳会合)は23か国が参加する過去最大規模のサミットとなることが固まった。気候変動、アフリカ開発をテーマとする「拡大対話」の招待国15か国とすることがきまったためだ。議長国の日本はサミットで、正式メンバーのG8に、主要な温室効果ガス排出国を加えた20か国が「ポスト京都議定書」を協議する「道爺湖…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪府 超緊縮予算

「財政再建優先」を掲げて、異例の暫定予算となった大阪府の2008年度当初予算案。128に上る補助・交付金事業の計上が見送られた府内市町村や、教育現場など関係先に波紋が広がった。橋下徹知事は、記者会見で、「すくなからぬ影響を与え、申し訳ない」と低姿勢を見せたが、今後、事業の全面見直しを加速させる構えだ。事業によっては、今夏の本予算で「復活…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪府暫定予算1.2兆円 4~7月 本給カットは盛らず

 大阪府の2008年度当初予算案の概要が12日、固まった。4月~7月に限定した暫定予算で、一般会計の規模は約1兆2000億円。人件費については、太田房江前知事時代の財政再建計画に沿って、ボーナスと管理職手当の削減を引き続き行うものの、本給などを対象とした新たな給与カット策は盛り込んでいない。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

橋下氏 「図書館以外は不要」 府立81施設廃止・売却検討

大阪府知事に就任する橋下徹氏(38)は4日、府幹部との協議の中で、83の府立施設のうち、中之島図書館(大阪市北区)と中央図書館(東大阪市)の2施設以外は「不要」との考えを明らかにした。行財政改革の一環として、大相撲春場所の会場である府立体育館(大阪市浪速区)や、女性総合センター(ドーンセンター、同市中央区)、上方演芸資料館(ワッハ上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

橋下氏、7月まで暫定予算

 大阪府の新知事となる橋下徹(38)は、2008年度当初予算案をめぐって府幹部と2回目の協議を行い、7月末までの必要額のみを計上する暫定予算とすることを決めた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

首相と面会 「ご協力を」

1月29日、大阪府知事選で初当選した橋本徹氏(38)は、首相官邸で福田首相と面会した。橋下氏が「大阪を元気にしたいので、国のほうからもご協力を」と支援要請すると、首相は「大阪が元気になってくれないと困るから全面的に協力する」と応じた。当選直後の新知事に首相が会うのは異例。 strong>
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

橋下氏、若さアピール

   当選から一夜明けた28日朝、橋下徹氏は、大阪府庁で当選証書を受け取った。「大阪を変えるという一念でがんばる。徐々に責任の重さを感じてきている」と決意を新たにし、約40人の報道陣に囲まれ、眠そうな目をこすりながら、「今日も夜中まで取材を受ける。これぐらいで体が持たないようでは、府政を立て直すことはできない」と若さをアピールした。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

大阪府知事に橋下氏、38歳全国最年少

 大阪府知事選挙は27日、投開票され、自民党府連の推薦、公明党本部の支持を受けた無所属新人の弁護士でタレントの橋下徹氏(38)が、民主、社民、国民新推薦で元大阪大教授の熊谷貞俊氏(63)、共産推薦で弁護士の梅田章二氏(57)ら無所属新人4人を大差で破り、初当選を決めた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more