テーマ:地球温暖化

温室効果ガス G8、半減に率先努力 サミットあす開幕、 首脳宣言明記へ

     北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)は7日、「ザ、ウィンザーホテル洞爺」で開幕する。G8(主要8か国)と招待国を合わせ、史上最大規模の計22か国の首脳が出席し、①環境・気候変動②開発・アフリカ③世界経済④政治・核不拡散・地域情勢ーーーについて、9日まで議論を行う。これまでの調整で、最大の議題である温室効果ガス削減の長期目標の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

通天閣エコ 消灯

  観光施設や企業などの照明を一時消灯する「ブラックイルミネーション」が21日夜、全国約6万7000か所で行われた。環境省の呼びかけで、電力使用による二酸化炭素排出を抑え、地球温暖化防止につなげようと5年前から実施。同省によると約98万キロ・ワット時の節減になるという。大阪・通天閣では午後8時から2時間消灯。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CO2削減「社会的公約」 経団連提言、 家庭の省エネ促進も

 日本経団連は16日、地球温暖化防止に向けた提言を発表した。「自主行動計画」としてきた産業別分野別の二酸化炭素(CO2)削減目標などを、「社会的な公約」として位置づけることが柱だ。社会的な責任を明確にして企業に取り組みを加速するように促す。経団連は1997年に自主行動計画を策定し、個別企業ではなく、業界団体ごとに自主目標を掲げるなどして…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

温暖化対策懇、「広く国民に負担を」

政府の「地球温暖化問題に関する懇談会」(奥田座長)が16日に福田首相に提出する提言案の内容が、13日明らかになった。温室効果ガス排出を抑制する低炭素社会への移行に関し、「新たなコストは、産業界のみが負担するのではなく、広く国民レベルでも応分の負担をする制度設計が考慮されるべきだ」と指摘、地球温暖化対策に伴う社会的コストの国民負担を強…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more